×

Cut In Park JSF ミニランプコンテスト2018 Report

2018.4.7

014
2018年3月31日(土)
新潟県新潟市、大かま室内にてJSF初のミニランプコンテストを開催。
JSF移動式ストリートセクション大会の開催地でおなじみのCut in park の建物がリニューアル。
来年開港150周年を迎える新潟港エリアの賑わい創出と、新潟のストリートシーンの盛り上げるために民間と行政がタッグを組んで開催されたイベント「CUT IN PARK」。

今回で3回目の開催となるCUT IN PARKはストリートカルチャーに密着し、新潟のストリートシーンの盛り上げと発展を目的としてる。
スケートボードの他にBMX、ダンスやけん玉、ドローンなどのイベントも同時開催。
スケートボードの体験会なるワークショップも開催された。


075
オープンクラスを制したのは北海道出身の石塚拓也。ストリートもハイレベルだがRを扱わせても素晴らしい。軽いスケーティングでサクサクと難しいトリックをスタイリッシュにこなしていた。高さのあるエアーも綺麗にメイクしていた。


133

オープンクラス(OPEN)
— 決勝 —
1.石塚拓也 (いしづか たくや) Takuya Ishizuka
2.村上 涼夏 (むらかみ りょうが) Ryoga Murakami
3.深澤大和 (ふかさわ やまと) Yamato Fukasawa
4.菊田 琉音 (きくた りゅうと) Ryuto Kikuta
5.家原 鷲 (いえはら しゅう) Syu Iehara
6.阿部海璃 (あべ かいり) Kairi Abe
7.藤田 大雅 (ふじた たいが) Taiga Fujita

— 予選 —
8. 井上 一徹
9. 行 優斗
10. 佐藤きりと
11. 木島すぐり
12. 坂本輝月
13. 大泉友汰
14. 高山翔
15. 今野 力之涼

————————————–


小学生以下では西上泰勇がノーミスのランで優勝。

051
ノーズブラントからのヒールフリップアウトも決めてきた。
かなりハイレベルな戦いで見ごたえのあったコンテストだった。

130

小学生以下クラス(UNDER 12)
— 決勝 —
1. 西上 泰勇 (にしがみ たいゆう) Taiyu Nishigami
2. 辻 賢大 (つじ けんた) Kenta Tsuji
3. 渡辺匠 (わたなべ たくみ) Takumi Watanabe
4. 工藤渚 (くどう なぎさ) Nagisa Kudo
5. 家原 龍 (いえはら りゅう) Ryu Iehara
6. 川 叶真 (かわ とうま) Touma Kawa

— 準決勝 —
7. 佐藤 遥希
8. 高谷 魁羽琉
9. 赤間 凛音
10. 堤 淳平
11. 伊藤凛音
12. 村岡伊織

— 予選 —
13. 伊藤美優
14. 泊 玲音
15. 戸塚 晃誠
16. 林田 栞奈
17. 八島 璃央
18. 菅原 芽依
19. 吉田純太朗
20. 鈴木 陽太
21. 吉田城太朗
22. 佐藤凛空
23. 安達柊介
24. 小川 虎伯
25. 菅原 琉衣
26. 齋藤大和
27. 都築一心
28. 冨澤禄人
29. 山本大一
30. 高橋 志
31. 山本桜子
32. 野中泉武

021
○MC
 上田豪

○ジャッジ
荻堂盛貴 荒畑潤一 小川元 横尾志貴

○協賛
ブルボン
ムラサキスポーツ
NIKE
モンスターエナジー
エレメント