×

JSF パークコンテスト in 妙高 2017 Report

2017.6.22

6月18日、国内では数少ないパークスタイルコンテストをここ妙高で無事2回目を迎えることができました。
MC上田豪氏。ジャッジも前回に引き続き、当パークデザイン監修の80年代バーチカル全日本チャンピオン豊田貢氏、横尾”江原”志輝氏、荒畑”145″潤一氏、ヘッドジャッジ小川元氏。
Vans Park Series , X-Games, Dew Tourと世界では着々とパークスタイルが定着し準備が整ってきている中、2020年に向けて日本も遅れをとらずに参戦できる環境づくりをこのようなコンテストから初めていきたいと思います。

エキスパートクラス
20170618-586

20170618-201
優勝:田中陽 –20.6
安定且つスタイリッシュでスピードのある滑りで見事優勝を勝ち取りました。オールラウンドのスキルを持つ彼はディープエンドで高さのあるジャパンエアー、インディエアー、そしてスタイリッシュなスティールフィッシュなどをメイク。得意のサッド・レイバックエアーもきっちりメイクしていました。オーリーF360、ボンレス360なども披露。

20170618-211
2位:西川誠 –19.8
これこそまさにパークスタイル。本場アメリカで自分をアピールした経験は本物。突進・突撃という言葉が似合う彼を実際に見たらその迫力に圧倒されることでしょう。ボディージャーやショーンペン、フィーブルフェイキーや5-0 フェイキー、ハンドプラントやBクレイルなどまさにトランジッションスケーターのトリックチョイス。ミラーフリップ・スパイン・トランスファーもガンガンメイク。トリックだけでなく全体のライン取りはまさにお手本で、キッズ達も彼の滑りを見ておくとよいでしょう。


20170618-452

3位:橋本風汰 –19.7
大阪の原池公園スケートパーク、通称バライケのコンクリートパークをホームに日々スケートしてる橋本兄弟の弟。ディープエンド・コーナーでFフィーブルをメイク。エアーも高く安定感あり。ボンレスも見せ技の一つ。今後も注目のスケーター。


20170618-475
4位:橋本海斗 –19.4
橋本兄弟の兄。常に独自のスタイルを追求して自分のシルエットを研究。バライケ仕込みの乗り方はやはり安定感抜群。エアー、ハンドプラント、リップトリック、ライン、総合的に強いスケート力を持つ彼の今後も期待大。


20170618-476
5位:冨川蒼太 –18.2
こちらもリアルなパークスタイルスケーターで西川誠のようにコアなライディングを好む彼は北海道からエントリー。最近は全国のコンクリート・トランジッションをめぐるツアーでメキメキとスキルアップ中の彼。Fノーズグラインドのポップアウトは絶品。サランラップtoテールもバックサイド・フロントサイドとともに披露。攻めのライディングの最後の締めはキックフリップインディでしたが、惜しくもメイクならず・・・・上田豪のMCに煽られ時間外メイクで会場を沸かせました。


20170618-296

6位:中谷太紀 –17.4
バネを生かし一瞬で頂点まで飛び上がる高いエアーが素晴らしい!!得意のBSシュガーケーンも炸裂。今後はライン取りやスピードを活かした滑りをプラスしてくることによってさらなる飛躍が期待できるでしょう。


20170618-515

7位:笹岡拳道 –17.0
岐阜よりエントリーの笹岡拳道。京都火打形ボウル・愛知Hi-5で鍛えたトランジションスキルを惜しみなく披露。ゴリゴリ系のライディングからロングマニュアルなどスケート歴の長さを伺える貫禄ある滑りで会場を湧かしていました。今後もまたどんどんコンテストに参加して、スケートシーンを引っ張って行ってほしいです。


20170618-421

8位:渡辺雄斗 –15.8
ストリート、ミニランプ、バーチカルなどどこでも自分を魅せれるマルチのスケーター。
おしゃれなトリックをさらっとこなしパークを上手に使いこなしていた。
こちらもMC上田豪に煽られスパインでのフルキャブ(フェイキーノーハンド360)をメイク!!


———-
西田寅弐 –15.0
会田 奈生 –14.6
小川希花 –14.4
松木 愛瑠 –12.2
阿部 海璃 –10.6



オープンクラス順位
20170618-573

20170618-385
優勝 辻 颯太 –19.0


20170618-392
2 坂本 輝月 –18.9


20170618-135

3 徳田 凱 –16.9


4 家原 鷲 –16.7
5 高井 汰朗 –15.8
6 増田 薫 –15.6
7 菊池 泰世 –13.9
8 西上 泰勇 –11.4
———-
家原 龍 –15.5
高山翔 –13.1
武藤 華蓮 –12.4
上村 海音 –12.2
貝原 あさひ –11.6
菅原 芽依 –11.3
佐藤舞桜 –10.8
本田 航瑶 –10.5
坂上 水都 –9.4
本田海誠 –8
八島 心愛 –7.3
佐藤英毅 –7.3
赤間 凛音 –6.2
八島 璃央 –5.8
安達 柊介 –5.1
赤塚 龍成 –4.2
竹内 海叶 –4
本宮 空 –3.8
高山 透 –2.9
20170618-016




20170618-091
MC : 上田豪
DJ: DJ PELOCA.
ジャッジ:荒畑潤一・横尾”江原”志輝・豊田貢 and 小川元
協賛:Monster Energy, NIKE SB , ELEMENT , Murasaki Sports
協力:JWSC全日本ウィンタースポーツ専門学校、開志国際高等学校スノーボード部